気をつけて
ローン借り入れ

 

実質年率の考え方

キャッシングの利息でよく聞くのが実質年率ですよね。
この実質年率の考え方というのは、例えば借入をした時に、分割払いの元金と共に利息分を支払いますが、借入残高に対して利息を計算するため、元金が減っていくと、支払額は減っていくってことなんですよね。
だから実質年率という場合は、元金の残高に対して利息をかけているということになります。

一方アドオン方式というものもあって、この場合には、最初の元金のままで利息を計算しているので、実質年率に比べてかなり高い利息を支払っていかなければいけないんです。
ということは、アドオン方式による返済は損だということですね。
借入をする場合には、書いてある年利が実質年率なのかどうかを確かめておかないと、知らずにアドオン方式の返済となっていて、後で損するってこともあり得ますよね。
利息って払い続けるとほんとに大きな額になってしまうし、少しでも利息分のムダを省けるように、借入する時は金利が高いか低いか、実質年利かアドオン方式なのか、よく確かめないとね。
ネットで調べると、実質年率でキャッシング利息を計算する方法なども載っているので、キャッシングを利用する時には、先にそういったサイトで利息計算しておくと、返済の心積もりができるでしょうね。

クレジットカード関連サイト

”クレジットカードのキャッシングは大損する?
最近では、金融会社が融資をするときの利息が法律で厳しく定められたので、クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングの利息が、ほとんど変わらない状況になってきています。”

http://xn--lck0c6eya6bc0782djfocgv1ye.skr.jp/

 

Copyright (C) 気をつけて ローン借り入れ All Rights Reserved