気をつけて
ローン借り入れ

 

ローン借り入れ

ローン借り入れと聞きますと、そのローンの種類も用途に応じて色々な種類があります。
住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、トラベルローン、フリーローンなど。
結果的には資金を融資してもらい、金利を上乗せした金額を決まった回数返済していくという事がローンですが、金融機関によっても金利の計上は異なります。

キャッシングは、現金を借り入れ出来るという事ですが、消費者金融会社やクジレット会社信販などから即日審査でキャッシングする事が出来ます。
キャッシングは、総量規制対象となっているので、年収の3分の1以上の借り入れは出来ない事になっています。
1社から年収の3分の1の借り入れではなく、全社合わせた融資額が3分の1と決められていますので、総量規制超えた金額を借り入れしている場合は、新たにキャッシングする事はできません。
またクレジットカードのショッピング与信枠も総量規制対象となっています。
しかし銀行や信用金庫などから融資を受ける住宅ローンの様な高額な融資は、総量規制対象となっていません。
これは、銀行業法により、銀行が貸金業を行っているからです。

一般の消費者金融会社やクレジット、信販等は、貸金業法の下で賃金業を行っています。
銀行業法と貸金業法は類似しているようで、まったく別のものとして考えられていますので、しくみが異なるのです。
しかし、銀行から借入をする場合は他の金融期間に比べて審査が厳しいと言えます。
キャッシングなどは審査がなかったり、審査が甘い所が多い半面、住宅ローンなどの高額融資は審査が厳しいですので、審査を通す為にはそれなりの基盤を作ってから申請する必要があります。
例えば、他社の消費者金融機関などに借金がある場合、完済しなければ融資を受けられなかったり、マイカーローンの残債がある場合でも融資額が減額されたり、融資を拒否される場合もあります。
そして、年令や職業によっては融資を受けられない場合が、あります。
自営業を営んでいたり、派遣社員契約社員の場合は安定的に継続した収入が見込めないとみなされ審査に通らないこともあります。

その反対に創業されてからも長い、名の知れた大きな企業の正社員や公務員なんかは安定的な収入が見込めると判断され、融資を受けられる事も多いのです。
確かに、住宅ローンのような高額な融資は長期的な返済となりますので、安定的に収入が見込まれなければ借り入れを行う事は難しいと考えられます。
簡単に融資ばかり行っていたら銀行側も波状を余儀なくされてしまい、第二のリーマンショックとなりかねません。

参考サイト

モビットの審査は甘いの?
モビット審査の詳細を知りたい方へおすすめの参考サイトのご紹介です。
審査のポイントや診断について詳しく書かれています。
申し込み前にチェックしてみてくださいね。
www.cardloan-webkanketsu.com/

 

Copyright (C) 気をつけて ローン借り入れ All Rights Reserved